世界に類のない添加型と反応両タイプの紫外線吸収剤を製造「DAINSORB」

紫外線吸収剤

産業資材フィルム、自動車塗料、建材、電子材料、太陽電池シート・・・我々の生活に欠かせない製品の多くは、常に紫外線によって色あせ、ひび割れ、故障などの危機にさらされています。大和化成は、吸収能力に最も優れたベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤として「DAINSORB(ダインソーブ)シリーズ」を製造しています。

着色を防ぐ「メタ位置換の添加型紫外線吸収剤」
DAINSORBシリーズの添加型タイプは、特にUV-A波(315~400nm)を吸収する能力に優れ、しかも400nm以降の可視領域の吸収が少ないため着色の心配がなく、外観品質の向上が図れます。多様なニーズに対応できるようきめ細やかな品揃えをしています。
ブリードアウト問題を解消する「反応型紫外線吸収剤」
反応型紫外線吸収剤は、各種高分子材料の原料モノマーと共重合することで、紫外線吸収ユニットを持つポリマーとして材料を合成することができます。これにより、添加型紫外線吸収剤の欠点とされるブリードアウト問題を払拭。その結果として、自動車や建材用途などで要求される10年以上の長期耐候性を実現します。
  • 紫外線吸収剤イメージ画像
  • 紫外線吸収剤イメージ画像
  • 紫外線吸収剤イメージ画像

製品の詳しい内容については、こちらにお問い合わせください。

有機工業品の原料からオーダーによる特殊品までカスタマーグレードでお応えいたします「合成化学品」

合成化学品

大和化成では、幅広い産業分野に有機・無機工業製品の各種原料を提供しています。大和化成研究所では、お客様からのオーダーによる特殊品や特化した有機合成薬剤の研究開発を行っています。

  • ナフトアルデヒド系化合物
  • トリアゾール系化合物
  • スルホン酸系化合物

受託合成による開発品

特殊分野に特化した有機合成薬剤の開発事例
ナフトアルデヒドをベースに各種有機合成の研究に取り組み、高分子フィルムの基剤などに成果をあげています。
受託合成でユーザーの研究活動をサポート
グローバル化が進行し世界規模での競争に勝ち残るために研究開発の重要性はますます高まっています。こうしたお客様をサポートするために、有機合成技術や微量分析技術を駆使しラボスケールでの有機合成を受託。過大化する研究開発が効率よく行えるように協力しています。
  • 受託合成による開発品イメージ画像
  • 受託合成による開発品イメージ画像
  • 受託合成による開発品イメージ画像
  • お問い合わせ
  • 製品一覧