ダインシルバー EL-3S

(ノンシアン置換型無電解Agめっき液)
Agの置換型無電解めっきには従来からシアン錯体を用いためっき液が使用されてきましたが、作業環境や廃水処理コストに多くの問題がありました。 ダインシルバー EL-3Sプロセスは、全くシアンを含有せず、シアン浴と同等の性能を有する置換型無電解Agめっき液です。 液ライフも長く、銅素材だけでなく無電解Ni-Pめっき素材にも適用可能です。プリント基板のはんだ付け用皮膜である無電解Ni-P/無電解Auめっきの代替めっきとして使用可能で、EL-3Sプロセスを用いて銅回路に直接Agめっきすることにより、めっきコストの低減が図れます。また、耐熱性プレフラックスと比較してもはんだ付け性の信頼性に優れています。

性状および組成

・外観:無色透明液体
・pH:強酸性
・浴組成:Ag 3g/L、錯化剤、添加剤

特徴

・シアン化合物は全く含まれず、毒性はありません。
・廃水処理が容易になり、費用が低減されるだけでなく、安全な作業環境が達成されます。
・外部電源を必要とせず、めっき液に浸せきするだけでAgめっき皮膜が形成されます。
・液の安定性に優れており、液ライフも長くなっています。減少したAgイオンを補給するだけで繰り返し再使用が可能です。
・めっき皮膜のはんだ付け性、密着性など物性が良好です。
・プリント基板の表面処理に最適で、無電解Ni-P/無電解Auめっきに比べてコストダウンが達成されます。また、耐熱性プレフラックスよりもはんだ付け性の信頼性に優れています。特にPbフリーはんだ付けの場合の、高温での熱履歴後のはんだ付け性が良好です。
・酸性タイプのため、レジスト皮膜に対する浸食性はありません。
・Ag変色防止剤ニューダインシルバーで後処理を施すことにより、Agめっき特有の硫化ガスや硫化物溶液による変色が顕著に防止されます。

使用方法

・浴温:室温~40℃
・浴負荷:約1dm?/L
・前処理としてめっき前にダインシルバー EL-SPTに浸せきします。
・素材の種類、液温、攪拌等の条件により析出速度は変化します。適切な条件を設定することにより、0.1~1μmの膜厚が得られます。

用途

・プリント基板のはんだ付け性皮膜(無電解Ni-P/無電解Auめっきや耐熱プレフラックスの代替)
・アルカリに浸食されるレジスト皮膜が塗布された素材のAgめっき

包装単位

・ダインシルバー EL-3S(建浴液):10L
・ダインシルバー EL-SPT(前処理剤):10L
・ダインシルバー MEC(補給用:Ag 15wt%):10kg
・ダインシルバー ACC(pH調整用酸溶液、酸洗用):10kg

  • お問い合わせ
  • 製品一覧